社長挨拶

読者、図書館、出版社、著者を結ぶ新たな架け橋として

株式会社 日本電子図書館(JDLS)は、電子図書館の新たなモデルを創造していくために株式会社KADOKAWA、株式会社紀伊國屋書店、株式会社講談社を株主として2013年10月に設立されました。
2015年10月には電子図書館サービス「LibrariE(ライブラリエ)」をリリースしました。図書館(Library)と電子書籍(eBook)を融合するという意味で名付けられた「LibrariE」は、電子図書館を効率的に運用し利用者に快適にご利用いただくための全ての機能を一体的に提供します。
その後2016年11月、大日本印刷株式会社、株式会社図書館流通センターと資本提携を実施し、現在、株式会社紀伊國屋書店と株式会社図書館流通センターの2社が国内の販売代理店となっております。

「電子書籍元年」と喧伝されて久しく時間が経過しましたが、日本における電子図書館の進展はまだまだ十分とは言えない状況です。JDLSでは、電子書籍において、著作者と出版社が「知の再生産」を継続していくための適正な還元を実現しつつ、「知の集積と利用者への提供」という図書館の使命を遂行していくための新たなモデルを提案していきます。

電子図書館の生命はつまるところ、コンテンツです。JDLSでは「有期限モデル」を採用しています。「実験」や「お試し」ではなく、本当にふつうに利用される電子図書館を実現するためには、何よりも新鮮で魅力的なコンテンツの確保が重要となります。

利用者・図書館・出版社・著作者にとって、紙と電子の併存による新たな出版・読書の未来を切り開くことができるような永続的なモデルを確立していきたいと願っています。また、デジタルネイティブ世代にとっては、コミックだけではなく活字に親しむ自然な読書環境として受け入れられるようなサービスを提供していく所存です。

利用者、図書館、出版社、著作者各位のご意見をいただきながら、事業を推進して参りますので、今後ともご支援、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

平成30年2月
代表取締役 髙橋裕司