LibrariEとは

読書と学びの新たな可能性を開くクラウド型電子図書館サービス、それがLibrariE(ライブラリエ)です。

図書館サービスにおいてますます重要性が高まっている電子書籍の提供を、強力に支援する仕組みがLibrariEです。導入しやすく、利用者・図書館担当者双方にとって使いやすい、理想的なクラウド型電子図書館の形をご提案します。

〇導入しやすいトータルな電子図書館サービス

・利用者向けの「電子図書館システム」に図書館担当者向けの「選書オーダリングシステム」を搭載しました。「選書オーダリングシステム」は電子書籍の選書・購入から貸出し管理、ライセンス管理、予算管理や利用統計までトータルでサポートします。

・ネット環境があれば簡単なお手続きですぐにも導入が可能です。

・システムはクラウドコンピューティングで構築されており、図書館内に電子書籍サーバ等の設置は不要ですので、システム導入~運用の労力や費用の低減が図れ、安全で安定したサービス提供が実現されます。

〇多様なニーズに応える豊富なコンテンツ

電子書籍コンテンツは、KADOKAWA、講談社をはじめ100社以上の出版社から、50,000点以上(2019年6月現在)の図書館向け許諾済みコンテンツが提供されており、日々、増加しています。実用書、学術書、エンタテインメントなど 偏りなく幅広い分野のコンテンツから選書していただけます。

〇電子図書館ならではの数々の利便性

・LibrariEは「いつでも」「どこでも」利用できるサービスです。利用者はスマートフォン・タブレット・PCから、365日・24時間、どこでも、ストリーミング方式で配信される電子書籍を借りて読むことができます。

・「図書館まで遠い」「図書館に行く時間が作れない」といった利用者へのサービス向上にもつながります。

・文字拡大・反転、自動ページ送り、音声読み上げ等の機能により、高齢者や障がい者に配慮した図書館サービスの強化が実現できます。

・電子図書館の利用者ポータル画面は随時に編集いただけます。利用者への告知、新着情報やさまざまな「特集」「企画」をアピールすることが可能です。

・独自電子資料(ローカルコンテンツ)の搭載が可能。図書館独自の情報発信ポータルとしてもご活用いただけます。

〇多くの導入実績

公共図書館、大学図書館、学校図書館等、多くの図書館様で導入いただいております。
(詳しくは「導入事例」のページをご覧下さい。)

電子書籍の販売方法

当社は、電子書籍はライセンス契約による期間や貸出回数を限定したアクセス権として販売します。

(詳しくは「よくあるご質問」のページもご参照下さい。)